ずっとこいぐみ

プロ野球広島カープを応援するまとめブログです。
☆オリンピックで金メダル☆そして2年ぶりの優勝☆そしてそして悲願の日本一へ!!
カープファンみんなで応援しよう♪
大変な世の中になってしまいましたが、この難局をみなさん一丸となって乗り越えましょうね~!!

    2020年08月

    広島・塹江“回またぎ”は信頼の証「使ってもらえているので感謝」2回無失点 広島・塹江“回またぎ”は信頼の証「使ってもらえているので感謝」2回無失点
    「広島3-5阪神」(30日、マツダスタジアム) 広島の塹江敦哉投手(23)が2回無失点に抑えた。八回から登板。九回には安打と死球で2死一、二塁のピンチを招くも代打・中谷を三振に斬った。 25日のDe…
    (出典:野球(デイリースポーツ))

    回を跨いででも、敦哉に託したくなりますよね。
    前回の反省を活かしてよく抑えました。

    塹江 敦哉(ほりえ あつや、1997年2月21日 - )は、香川県高松市出身のプロ野球選手(投手)。左投左打。広島東洋カープ所属。 小学3年生の時に野球を始める。香川県立高松北中学校・高等学校への進学を経て、高校1年生時に投手へ転向すると、秋からエースと4番打者を務める。高校時代の最高成績は、2年
    13キロバイト (1,630 語) - 2020年8月24日 (月) 14:38



    (出典 i.daily.jp)
    【塹江敦哉◆“回またぎ”は信頼の証「使ってもらえているので感謝」2回無失点】の続きを読む



    大山打ち損じがV打 広島守備位置ミス/大石大二郎 大山打ち損じがV打 広島守備位置ミス/大石大二郎
    …<広島3-5阪神>◇30日◇マツダスタジアム阪神は広島のポジショニングによって勝ちを手に入れることができた。延長10回2死一、二塁。広島フランスアに対した大山が3ボールから打ってでた当たりは、前進して…
    (出典:野球(日刊スポーツ))

    これだけ結果論を並べられたら解説者は楽だわな。
    しかし、滞空時間の長いフライでしたから、
    仮に前進守備だったとしても追い付いてほしかった。
    長野の様子を見る限り、多少お見合しあってた気もしますし。


    (出典 www.nikkansports.com)
    【カープ守備位置ミス◆大山打ち損じがV打/大石大二郎】の続きを読む

    広島・遠藤「3点取ってもらって勝てないのはまだまだ」初回のサンズ3ランを反省 広島・遠藤「3点取ってもらって勝てないのはまだまだ」初回のサンズ3ランを反省
    「広島3-5阪神」(30日、マツダスタジアム) 先発した広島の遠藤淳志投手(21)が118球を投げ、7回4安打3失点と力投した。 初回、制球に苦しむところを狙われた。先頭の近本に遊安打を許すと1死後…
    (出典:野球(デイリースポーツ))

    淳志の投げる試合は若干援護点が少ないような気がしますけどね。
    初回の3ラン被弾時は、「はーい打って下さーい」とでも言わんばかりの球が行ってしまいました。
    この打線の中では最も工夫しなければならない打者に対してこの球を投げるようではまだまだ。
    逆に、他の打者に対しては必要以上に神経質になってしまった気がします。
    この試合に関しては、将吾のリードも反省点多いですね。


    (出典 img.news.goo.ne.jp)
    【遠藤淳志◆「3点取ってもらって勝てないのはまだまだ」初回のサンズ3ランを反省】の続きを読む

    広島競り負け…佐々岡監督「1点を争う試合での四球はこういうことになる」 広島競り負け…佐々岡監督「1点を争う試合での四球はこういうことになる」
    (セ・リーグ、広島3-5阪神=延長十回、14回戦、阪神7勝5敗2分、30日、マツダ)広島が阪神に2連敗を喫し、2カード連続の負け越し。シーズンの折り返しとなる60試合目を終えた広島・佐々岡真司監督(…
    (出典:野球(サンケイスポーツ))

    フランスアがまた今までの状況に戻ってしまったのが痛いですね。

    佐々岡 真司(ささおか しんじ、1967年8月26日 - )は、島根県那賀郡金城町(現:浜田市)出身の元プロ野球選手(投手、右投右打)、野球指導者。2020年より第19代広島東洋カープ監督に就任。 町立雲城小学校3年で野球を始め、町立金城中学校では内野手であった。
    32キロバイト (4,295 語) - 2020年8月18日 (火) 13:28



    (出典 image.news.livedoor.com)
    【【競り負け…】佐々岡監督◆「1点を争う試合での四球はこういうことになる」】の続きを読む

    20200901_予告先発


    このページのトップヘ