20201111_試合結果

悔しい終戦となってしまいました。
これで5位も確定。

打てなかった…それに尽きます。

菅野に投げ勝って以来、頼もしいピッチングを続けてきた亜蓮でも、
今日に限っては投手陣全体の課題のフォアボールから失点するパターンにはまってしまいました。

まさに投打とも今年を象徴するような試合。

誠也と涼介の記録が掛かった試合ということで制約もありましたが、
投手力同様、チャンスで点を取れない得点力不足の打線も、
実は結構大きな課題なんじゃないかと思いますね。

結局、誠也に頼るしかない打線。
3番・5番が固定できない。

育成重視のチーム方針はカープらしくて大好きですが、
一朝一夕には行きません。

得点力なのか投手力なのか、いずれかはそれなりの投資をして、
戦力を見込める人材を本気で獲ってくる決断も必要なのではないでしょうか。

カープ大好きな1ファンとして、歯がゆさも感じる今日このごろです。

それにしても、大変な1年でしたね。
とにもかくにも、このコロナ渦の中、
中止されることなく120試合をやり遂げられたのは、
素晴らしいことだと思います。

来年は3月26日開幕で通年通りの各143試合実施されることに決まったようです。
来年こそはマツダスタジアムが3万3千人の大観衆で真っ赤に染まる日常が戻って来ますように。

そして、来年こそは再び優勝争いができますように。

一年間、お疲れさまでした。