ずっとこいぐみ

プロ野球広島カープを応援するまとめブログです。
☆オリンピックで金メダル☆そして2年ぶりの優勝☆そしてそして悲願の日本一へ!!
カープファンみんなで応援しよう♪
大変な世の中になってしまいましたが、この難局をみなさん一丸となって乗り越えましょうね~!!

    水本勝己前二軍監督

    広島・水本2軍監督 小園、林ら将来の主軸候補に求めるものとは 広島・水本2軍監督 小園、林ら将来の主軸候補に求めるものとは
    1軍とともに、ウエスタン・リーグも6月19日に開幕した。就任5年目を迎える広島の水本勝己2軍監督(51)は今季も「育成重視」の方針をより一層、推し進めていく。一人でも多くの選手を1軍に上げることを目…
    (出典:野球(デイリースポーツ))

    1年しっかり掛けて成長してほしいです。

    水本 勝己(みずもと かつみ、1968年10月1日 - )は、岡山県倉敷市出身の元プロ野球選手(捕手、右投右打)、プロ野球指導者。 現在は、広島東洋カープ二軍監督。 倉敷工業高では強打の捕手として鳴らし、3年次の1986年に夏の甲子園出場。1日目第3試合の1回戦・対秋田工業高戦において1-11で敗れて初戦敗退。
    6キロバイト (785 語) - 2020年6月2日 (火) 11:09



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    【水本勝己2軍監督◆小園海斗、林晃汰ら将来の主軸候補に求めるものとは】の続きを読む



    広島・水本2軍監督「個人によってはチャンス」規模縮小の練習期間は挑戦と説く 広島・水本2軍監督「個人によってはチャンス」規模縮小の練習期間は挑戦と説く
    広島の水本勝己2軍監督(51)が22日、若鯉に何事にも挑戦するトライのススメを説いた。新型コロナウイルス感染拡大により、実戦経験が積めない状況を後ろ向きに捉えるのではなく、自身の課題克服への期間とし…
    (出典:野球(デイリースポーツ))

    逆境をチャンスと捉えてものにできるかがカギですね。

    水本 勝己(みずもと かつみ、1968年10月1日 - )は、岡山県倉敷市出身の元プロ野球選手(捕手、右投右打)、プロ野球指導者。 現在は、広島東洋カープ二軍監督。 倉敷工業高では強打の捕手として鳴らし、3年次の1986年に夏の甲子園出場。1日目第3試合の1回戦・対秋田工業高戦において1-11で敗れて初戦敗退。
    6キロバイト (764 語) - 2019年2月5日 (火) 16:43



    (出典 lpt.c.yimg.jp)



    【水本2軍監督◆「個人によってはチャンス」規模縮小の練習期間は挑戦と説く】の続きを読む


    このページのトップヘ