負けに不思議の負けはない 西山秀二氏がポイントに挙げた広島・松山の守備 負けに不思議の負けはない 西山秀二氏がポイントに挙げた広島・松山の守備
「広島5-6阪神」(29日、マツダスタジアム) 広島は追い上げながらも、序盤の失点が重く1点差で敗れた。デイリースポーツ評論家の西山秀二氏(53)が勝敗を分けたキーポイントを解説した。  ◇  ◇ …
(出典:野球(デイリースポーツ))

対策は松山を使わないこと。
守らなくていいパ・リーグ行ってもらいましょう。

西山 秀二(にしやま しゅうじ、1967年7月7日 - )は、大阪府八尾市出身の元プロ野球選手(捕手)・コーチ、解説者・評論家。 八尾市立大正中学校時代は桑田真澄とバッテリーを組む。上宮高に進学し捕手、四番打者として活躍。1984年秋季近畿大会府予選準決勝では桑田を擁するPL学園と対戦、本塁打を放
16キロバイト (1,685 語) - 2020年1月27日 (月) 18:55



(出典 i.daily.jp)
【負けに不思議の負けはない◆西山秀二氏がポイントに挙げた松山竜平の守備】の続きを読む